2019年08月09日

境界知能という低知能はグレーで悩ませる

私は、精神科通院や障害者雇用、薬の服薬を人にはあまり言っていません。
うーん。片手にも余るくらいかな。
15年くらい通院しているのに。

そんな自分が嫌だったりもするけれど、
私はずっと一人で抱えてきて、
私なりにどうにか前を向いて、今の今までやってきました。

それは少し誇りでもあります。


・・・が、病院に行けなかったからといって死ぬわけではない。
気分の波が何もないわけではない。
急に死にたくなったり・・急に涙があふれてきたり、
そんなことはたくさんあるんです。

私はずっとボーダーはもうよくなった。ボーダーではなくなったと
医師から言われた時から、
ずっと病名が欲しかったです。

この生きにくいのは何の病気なの?
毎日辛いの・・・毎日しんどいの・・・・。
と思っていました。

先生はそんな私に、
精神医学はまだまだなんだよ。医者も目に見えないから
レントゲンに映るわけではないし、精神医学は手探りなんだ。
病気ではない、グレーの生きにくさもあるんだよ。と何度も話してくれました。





その話に何度も、絶望的になっていました。

障害者雇用って、やはり目に見えないから、
相手に自分のことをどう伝えていくかが大事ですよね。
でも私は、自分に制限もつけたくない、諦めたくない。
自分はこれができない=精神障害だからってことは言いきれないんです。

だから、本当にできないことがある人が
伝えやすのかなぁ‥と思うことがあるんです。



先生は





患者をみていて、
知能70以上80以下の境界域と呼ばれる人の支援が
一番難しいと思いました。

70未満だったら療育手帖がとれて、80以上は正常だといわれる部分で、
その間の境界域って
ちょっと能力が劣るところがあるから、
日常生活でも、仕事でも、困難があるんだけれど、
それを手伝う制度が何もないし、
診断書に境界知能です。と書いても、
受け取り側は何だろう?と伝わらないし、
どういう支援が必要か?と言われても
意外といろいろなことができてしまうので、
ほんのちょっとのところを支援してほしいというのが
医療者としても説明が難しいな・・と思いました。

一人一人違うというのも、先方に伝わりにくいと感じました。

ドラマにあるような凹凸があるわけではないので余計に説明が難しい。
どれもできないけれど、
どれも全くできるわけじゃない。


医者としての支援は
何らかの病名をみつけて、障害者手帳をとって、
うまく利用してみてね。
というところで終わっているところが課題かな。。。。。






以前、そう言ってくれました。

境界知能・・発達障害・・・凹凸・・・・・・
仕事していく上でやりやすいのは・・・・?

皆様はどう思いますか。


IMG_4569



sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)通院記録 

2019年08月08日

誰にでもある人間の成長点

私は、精神障害と聞くと、
よっぽど受け入れをしている企業ではない限り、
怖いと思うし、仕事も任せられないと思うんです。
私なんて過量服薬で入院も社員の間にやっているし・・・。
会社も利益を残さないといけない、
見合った給料を提示する。普通なことですよね。

そして、精神障害で、危惧されてしまうのは仕方がないと思います。


でも、


スタートがハードル低くて簡単な仕事ばかりだとしても、
仕事ができれば
どんどん任せてもらい、伸ばしていけると思います。

それには行動が大事ですよね。

私は、

口グセのように

「何か手伝えることありますか?」と率先して声かけているし、
手を差し伸べてもらったことは
しっかりお礼を言います。



精神障害で
仕事の幅が狭まっているのは仕方ないことですが、、
私のやり方、次第で認めてもらえることがあるのかな。と思います。
それは最初は社長がダメだ!精神障害には皿洗いにはさせないと言っても、
一人が、じゃあ、皿洗いできているから、
これもお願いできる?
もう一人がこれもお願いできる??と幅が広がっていくんです。



私は、やりたいことも、漠然としている時もあるけれど、あるので、
そういう意味では、
本当に障害者雇用だからという支援は受けれていません。




本音は、
少し落ち込んだ時に、相談できる人が欲しいですかね・・。
もちろん自分が解決するしかないですが、
24時間シフト、365日稼働で、全く上司にもあえない時が続きます。

相談事がなくても、

「あ、人事から話があるからあとでまた話そうー」
と人事に言われたとしますが、
自分も夜勤だったりで、
シフトが合わず、お盆とかで休みになると、
もう何のことなのかな・・・・とずっと気になってしまうんですよね。。。。


そういう意味では一度、障害者雇用でのオープンでの採用で、
やってみたいと思っています。
ただ、私は仕事くださいー!手伝えることありますか?と聞くし、
これもやりたいなーあれもやりたいーとどんどん言うと思うし、
させてほしいと絶対思うし、
障害者雇用なんだから、皿洗いだけでいい!なんて言われたら、
悔しいーーー見てろよーーー
皿洗いのプロになってやるぞ!!と思うはず。笑


そういう時もきっと読んでいる方もありますよね。



そして、それは、
無理をしているわけではないのです。
もちろん無理している時もあるかもしれません。


私は、
よく悔しいーーーー!!!とか思うし、
それで落ち込みだして、
死にたいとか思うこともあったんですよね。

その時、
よく医者、心理士から、

「無理しなくていいよ。」

「あなたは十分頑張っているじゃない。」

「あなたは正社員でしっかり自立しているじゃない」


そう頑張っているということを褒めてくれていたんですね。
逆にブレーキを医者からかけられます。


でも、私、気づいたんです!!!!!!!


それは無理しているわけではなくて


「向上心」

ということに。

そう思うと、

もっとこうなりたい、こういうことしたいというのは、
精神障害でもなんでも、持っていていい、発信していいと思いました。

なので、皆様もこうなりたい・・・というのがあれば
進んでほしいです。




IMG_4573






sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用 

2019年08月07日

初めての障害者雇用

私は、今の会社で初めての障害者雇用です。
数年前、体調を崩した時に、
障害者手帳を保持していることや、精神科への通院を打ち明けました。

当時の上司は、
プライベートでも交友があった人事部長に相談しました。
(このことは自分だけでは抱えられない、
一人だけ相談する人がいると言ってくれました。
私は上司を信頼していたし、その一人が社長でも、オーナーでも誰でもいいと思ってました)



その後、
人事部長から話があり、
障害者雇用に変えないか?と言われました。

理由としては、
人事考課があり、それで昇給、昇格を決めているのですが、
皆と同じ選考にしたら、それは不公平であるということ。

誰にも言わなくてもいいけれど、
考課をしてくれる人には伝える必要があると。

人事部長からは誰にも言う必要がないということ、
また今のお給料や福利厚生、有給も全く正社員と変わらないということ。

その2点を条件にしてくれました。

その後、外資だから、
今の私だけ周りと合わせようとしているというのは全くもって不公正。
いいところをどんどん伸ばしていけばいいという考えをお聞きし、
少し時間はもらったものの、
あまり深く考えず、障害者雇用の変換をしました。

今は、その人事部長もいないし、上司もいないし、
人事考課を私の為に作るというのを提案してもらったことは、出来ていません。
でもお給料はそのままです。

逆に、障害者雇用というのを忘れられて、
税金の控除が受けられていません。

休みも通院でもとれません。
仕事もみんなと同じことをやっています。



‥‥‥‥正直、障害者雇用にした意味がないのではないか?と思うこともあります。
やはり、障害者雇用として、
会社の障害者雇用率にも関与しているのであれば、
もう少し私のことを支援してほしい・・・と思ってしまいます。

でも、障害者雇用にしたのを後悔はしません。
絶対、自分がしたことを後悔はしたくないんです。笑


障害者雇用はどうですか?と
よく聞かれますが、
私の場合は、会社で初めての障害者雇用で、
あまり会社独自の支援というのはありません。

調子悪い時は、
そういうことにとても反応してしまいます。

サービス業という仕事がら、
あまり障害者雇用を採るのは難しい職種だと自分でも思います。


ただいいこともあって・・・・・

やはり私がやりたいこととか、やっていることを、
障害者だからという理由では一切却下されません。
逆にどんどん仕事が増えているパターン。
(一度障害者雇用を知っている人事の人から、
責任を負うのは難しいといわれたことはありましたが、
そんなのは仕事している人が判断すればいいのです)


目に見えないからこそ
相手にはわからない。
障害者雇用といえども、多種多様。
でも多様性が受け入れられるそんな会社になってほしいと思います。

IMG_4572










sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用