2019年08月03日

季節を感じ生きる証をみつけて

私はよく季節が変わるたびに、
早く死なないといけないのに・・・と死ぬという行動にいけないことにがっかりしていた。
日本は四季があるから、そこがまた辛いのかもしれない。


季節とは違うけれど、
誕生日前は絶不調。
また年をとってしまう。私ってこの一年何していたの。。。?
とたくさん頑張っていたのに存在を否定していた。
年末も・・。


それが今、四季があって、それに少しずつ楽しめている。

例えば、花火大会やヒマワリ。
別にバスツアーで遠くに行かなくても
近くに咲いている、ヒマワリをみて元気をもらう。

秋になれば、
青山もいちょう通りにいきたいな。
あそこは屋台もでて、とても楽しめる。
大好きな葡萄も食べれたらいいな。


冬がきたら、
大好きなクリスマス。
都内のイルミネーションをたくさん見たいな。
都内のクリスマスマーケットとかいってホットワインでも飲みながら。


もちろん生きているから辛いこともたくさんある。
精神科通院だってこの先も続くだろう・・・・。


けれど、
外にでてみると、
歩いて1分のコンビニまでも、季節を感じることができて。
少しずつ進む季節と
私がしていることが比例するくらい頑張れているわけではないけれど、
こうして少しずつ日本と年を重ねていることで、
また生きれている私も頑張っているねと肯定できる。



しかし・・・・・・
外にでないときっと感じることは難しいです。
テレビで猛暑!!と聞くと感じることもできるけれど、
自分の感覚で実際に感じることが大事なんです。


暑さだったり、青空のまぶしさだったり、
はしゃぐ小さい子どもたちの声。


そんな余裕を感じれないしんどいこともあるでしょう。
私も息をするのもしんどいと叫ぶこともあります。
息をするのもしんどいってって感じですけれど、
本当に息をするのもしんどいほど辛いんですよね。
そういう感覚の人たくさんいると思います。
人には息をするのもしんどければ病院行けと言われました。
(病院行っているけど息をするのもしんどい)


でも、しんどいと言いながら、
寝ながら携帯をいじっているなら
寝ながら自殺サイトを見ているなら、
外で、季節を感じながら携帯いじればいいのではないかと思うのです。


私の家の前、
ちょっとしたスペースがあり、
ここ数年、
よく外でしんどい時こそ過ごしています。
そんな日比谷公園とかに行く余裕はない。
でも携帯を家の中でいじるくらいなら、外でいじった方が、
季節を感じると思うんです。


靴を脱いで、歩くのもよし。(今は暑いけれど)
虫の音を聞きながら過ごすのもよし。
少しずつ、生きるのが楽になってくる。
この世にいることが許せなかったけれど、いつの間にか許せるようになる。


その感覚、苦しんでいる人たちにも伝わると嬉しいな。

IMG_4581



sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)生きる 

2019年08月02日

精神科通院の頻度

皆様、精神科通院はどれくらいの頻度でしょうか。
目的、その時の体調、先生の意向により通院頻度は大きく違いますね。


私は過去何度も過量服薬で入院していたため、
一度にたくさんの処方はできません。

一週間に一度の通院が長いこと続きました。
でも、正社員になり・・主治医の外来の曜日も決まっていて、
その曜日は午前も午後もいてくれるわけではなく。。

月に一度も先生に会えず、
薬外来で繋ぐ時も増えてきました。


正直、とても辛い。
週1で通院していたのに、どんどん間隔があく。
本当に調子悪い時なんて、
やっと行けた通院で、
「最近、調子はどうですか?」という言葉だけで、
今、ここの空間は、
私が私のことを正直に話してもいい、そんな場所なんだ・・と
そう思うだけで安心感で涙があふれるほどでした。

最近、調子はどうですか?という精神科医は必ず聞くような言葉で
私はこんなにも泣いて、調子悪いな・・・と自分でも思うことが度々あります。笑


以前、私が障害者であることをカミングアウトした上司は、
私が過量服薬することもわかっていて、週1の通院にとても理解を示してくれました。
「だからたくさん薬はもらえないんだね」と相手から言ってくれるほどでした。

障害者雇用で一番、理解を示してほしいところって
精神障害者の方は、柔軟な勤務時間の対応、そして通院日の確保だと
私は思います。

調子が悪い時に、でも病院に行けない・・・というのは辛いです。




でも、

きっと会社側は



「一体、病院に行って何をするの?
そもそも精神科って何なの?」

と思うものなんですよね・・・・・・・。


だからこそ、精神科通院=定期健診のように思われてしまい
病気ではないという言葉になるのだと思います。


私は、定期健診という言葉を聞いた時、
ものすごく悲しかったし、
どんだけ精神科とは無縁の生活なんだろうか・・・・と相手のことを
羨ましくもなりました。




しかし、それ以上に
私は会社から休みをもらっているのに、
私には精神科が必要な理由、
通院が必要な理由をそもそも相手にも伝えていません。



熱がでるわけではない、
咳がでるわけではない、
目に見えないからこそ、
ただ病院に行っているというだけでは、
それは定期健診のように見られてもおかしくないかな・・と。


障害者雇用で
配慮するべきことの1つに
病院への通院を掲げている人は多いと思うし、
実際、それは必要なことです。


でも休みをもらう以上、会社に何故病院が必要なのかを伝えていく、
その努力は必要かなと思いました。


IMG_4559





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用 

2019年08月01日

うつでも無理して働くということ

世の中の心が重たい・・という方、
毎日毎日お仕事本当にお疲れ様です。
仕事は休んでいるけれど、家事している方、介護している方、
子育てしている方、本当に尊敬します。


先日、

「あなたが無理をしているかどうかなんて知らないよ。
会社は無理して仕事に来いなんて言っていない。
あなたはこれからも無理をしてはいけない。」

と上司から言われました。

・・いやいや無理しますわ。
だって仕事休んだら、お客様に、チームに、迷惑かかるじゃない。


それにうつの時って、
会社に電話するのも億劫。
風邪じゃないのに、症状を説明するのも億劫。

休むってそんなに簡単にいかないんですよね。


しかも、どこの会社もそうなのかはわかりませんが、
私の会社は365日、24時間稼働しているので、
今日休んでも明日は?明後日は働けるの?というのが毎日続くんです。
OLさんみたいに土日は休んでゆっくりしてねというのではない。
なので、明日は働けるか?明日は会社に来れるかどうかというのを
専門的に判断してもらうために、
休むなら→病院行ってきてね。
医師の診断をもらってきてねというのが私の会社の暗黙のルールです。



また、無理をしている、無理していないというのは
自己判断なんですよね。
会社が言うように、

「いやいや、そんな無理しているかなんて知らないよ。
あなたが判断していることでしょう?」

と言われたら本当にその通りなんです。

辛い時に、私無理して仕事しています!!と言っても、
あぁそうなの・・・・・って感じですし、
無理して具合悪くて仕事にならないなら、
それも何で会社に来たの?となりますよね。


そもそも無理している、無理していないというのは
抽象的な言い方だし、
あなた無理しているね。もう少し無理できるんじゃないかな?なんて言えないんです。


だから、自分の中でも、
相手に、無理かどうかなんて図れないのだから、
働いている以上、
「自己管理」として、無理しているポイントを作っておくといいと思います。

私は無理しているポイントはかなり前から作ってあります。

例えば、

・夜が眠れなくなったきた

・急に希死念慮が襲ってくる

・涙がでてくる

・やる気が起きない

・・・等々。

私はそれを紙に書くなりして、
これくらいだったらダメ、これくらいだったら頑張れるというのを
用意しています。

もちろん、それがこの先も続くわけではありません。
生きている以上、人間は成長していくんです。
だから出来ないことができるようになっていきます。


無理してでも働くということは大変ですが、
うつでも無理して働くということはお金もらっている以上必要です。
でもそれでさらに調子を崩した時に、
会社のせいにはできないんです。
自分が無理、無理していないを判断しているのだから。

だから常に自分を管理という言葉は社会人には必要です。

IMG_4580




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)障害者雇用