2019年07月26日

失敗した時の心の対処への変化➁


私はカウンセリングを頑なに拒否していたわけではありません。
カウンセリングはとても長丁場だと思っているので、
なかなか難しいというのはあります。
シフトだから予約もとれない。


そして、仕事のことは
職場の人と話して解決するしかないと思っていました。
上司がとても好きだったから・・というのもあるかもしれません。

先生もそれはわかっていて、
確かに職場の人が一番わかるし、
病院やカウンセリングではしっくりくることは
言ってあげれないと思うと言ってくれました。


その上で、



現実的に
今は仕事面で落ち込むことも多いし、
もっと上手に対処できるようになりたいと思うなら、
相談できる人を開拓していくっていうのもいい方法なんじゃない?


周りと比べても、
自分に対しても今の状態はプラスな作用ってないから、
少しでも自分の問題として、思い切って聞くといいかも。

カウンセリングは
役にたつと思ってはいるけど、
今すぐ始めてほしいというわけではないから、
様子をみながらでいいと思う。





相談できる人を開拓。
それはとても必要なことだなと今でも思っています。
そんな相談できる人を頑張って作ってはいたのですが、
相談できる人を開拓というのはとってもエネルギーかかりますね。

IMG_4582





メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)通院記録 

2019年07月25日

失敗した時の心の対処への変化①


最近、自分の仕事のミスの対処が違ってきました。
今までは、
大きさ関係なく、とことん落ち込んでいました。

小さいミス、ケアレスミスこそ、
もうなんて自分はバカなんだろう。。。と思っていました。
次の日になっても落ち込むし、
それでまた目の前のことに集中できなくて、
またミスしちゃう・・・みたいな悪循環。

ミスをどうしたら起こさないようにするか?ということよりも
どうしたら自分が落ち込まないか?ということを考えていました。

そんな私はかなりピントがずれていたなぁ・・と思います。


当時、先生からは




確かにミスを起こさないようにどうしようか?と考えることが、
自分を守ってあげられる方法だと思う。


本当のカウンセリングは
仕事のことに限らず、自分の特性を見極め、
どうしたら同じ落とし穴にはまらないかということを
上質なカウンセリングは教えてくれる場になると思う。


ミスを繰り返さない方法を学ぼうという意味では
カウンセリングは遠くはないんだと思う。





そうカウンセリングを勧められてきました。

ミスすることで、落ち込んで、
死にたくなったり、薬飲みたくなったり・・
自分がもたないですよね。。
だからまずミスをしても、落ち込みたくない・・と考えていました。
2年くらい前の話。


仕事だけじゃなくて、
私生活でも、人生、あーーー間違ったということはたくさんありますよね。

皆さんはミスはどうやって心を乗り越えていますか??


IMG_4587

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 









sakurasaku1009 at 00:16|PermalinkComments(0)通院記録 

2019年07月24日

いいねが非表示

昨日、ニュースで発表された日本でも、

いいねの非表示を試みる動き、

私はいいかわからないかも何とも言えないくらい

Instagramが疎いです。

(でも便利だというのに気づき、ちょっと勉強している)

 

 

 

そんな中、テレビで、お金を払ってでもいいねを買ったり、

いいねという記事が書けるよう一緒に写真に映ってくれる人をお金で集めている

ということを知りました。

 

 

そんな人たちにとって

いいね!がどれくらいついたかをプレッシャーに感じる人は

急に非表示なり、命にかかわるのではないか?と思っています。

 

いいね!というお知らせ1つがここまで依存し、

精神に影響を及ぼすか考えた人は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

私はInstagramはいいねを気にするくらいまで

そもそも使いこなせていません。

 

 

ですが、SNSで、

周りの子たちが、遊んでいるのを知ったりすると、

それも好きな人が私がいないところで遊んでいるのを知ると、

5年くらい前までは、

 

 

「もうだめだーーーーーーーーーー

なんで私は声かけられていないのー

もう死にたい!死にたい!!!!!」といっぱいになってしまいました。

 

 

それを相手にもぶつけていたため、

相手もSNSを発信しなくなる(ストレスをためてしまう)という結果に。

友達を外されたら仕事にも行けませんでした。

 

 

・・・なんていう体力

こういうのは大人になると少しずつ減ると思います。

SNS1つで死にたいと思うような体力がなくなっていくんです。

 

 

今、私の好きな人たちがSNSを好きにあげていても

あまり影響は受けません。

 

それは大人、老化という表現をしてしまいましたが、

もっともっと生きていくと世界が広がっていくんです。

学校だけだったのが、ネットにも広がり、さらにネット以外の社会にも広がる。

 

本当はSNSは便利な世界にするツールの1つのはず。

依存してはいけないはずなんですよね。

 

でもそういうきっかけって本当気づくことが難しい。

それに気づければ、

ゲーム依存、携帯依存、色んな依存がなくなりますね。

 

 

 

いいねに依存している人は

たくさんいると思うんです。

そういう人のことを想うと非表示というのは

そう簡単にいかないのではないか・・・と思っています。

 

IMG_4307


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 







sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)日々