チームの輪を乱している。身体は自分で休める。人が代わってくれるものではない。

2018年10月12日

死にたいを分析→どうしたら生きてもいいになるか。

私は今でも、「死にたい」で頭がいっぱいになることがあります。
生きたくても亡くなる人がいる、
死んだら悲しむ人がいる、、
そんな言葉は私は昔から苦手です。

よく夜回り先生が言っている言葉があります。

「死にたいと思ったら、
亡くなった時に白い布を顔にかけるように、かけて想像してごらん?
周りで悲しんでいる人がいない?」

夜回り先生、私には葬式に来てくれる人も頭にでてきません。。笑

「死んだ友人が悲しむよ。」

ともよく言われますが、
その言葉もあまり響きません。


死にたいという中身は、
ちゃんと疲労や寂しさ、孤独・・色々隠れています。

それを解消できなかったから死にたいになるわけで・・



死にたいの中身を、カウンセリングや診察で聞いてくれる人は多いですが、
私は死にたいという時は
死にたいという気持ちが強く、
中身なんてあるかーー!!死にたい!!になります。


そこで、
別に誰に上から目線で物を申すわけではないので、
どうしたら、どういうことができたら
生きてやってもいいか。という開き直り・・に近いことを考えます。
(もちろんそんな自分に対し、さっさと死ねという時もたくさんあります。)


私の場合・・

・話を聞いてくれる人がいたら生きてやってもいい。

・もう一度あの場所へ旅行へ行けたら生きてやってもいい。

・会社がこうなってくれたら生きてやってもいい・・

・あの仕事が解決すれば生きてやってもいい・・

とっても上から目線ですね。

でも、そうしたら、心のSOSに気づけます。

・話を聞いてくれる人がいたら生きてやってもいい。
→私は誰かに話しを聞いてほしいんだ。

・もう一度あの場所へ旅行へ行けたら生きてやってもいい。
→あの綺麗な景色・・また見たい。

・会社がこうなってくれたら生きてやってもいい・・
・あの仕事が解決すれば生きてやってもいい・・
→仕事がストレスなんだ。


そうすると、少しだけ、死にたいから遠ざかる気がします。
解決策がわかるという感じでしょうか。


私は死にたいが溢れた時、
何故死にたいのか?というところはあんまり考えません。
どうしたら生きてやってもいいかになるか考えます。
ちょっとした発想の変え方で私はとても分析しやすくなっています。

IMG_8778


食べたかったスタバのアップルパイ。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 







sakurasaku1009 at 18:00│Comments(4)自己啓発 

この記事へのコメント

1. Posted by 苺   2018年10月13日 03:00
私の「生きてやってもいい」は、自分の事を理解してくれている人が側に居てくれたら、かもしれません。或いは仕事を暫く行かなくても良かったら(1週間くらい)、かもしれません。

一人は寂しい。でも一人。
一人だから楽しめる時もあれば、一人だから死んでもいいやと思う時もあります。
2. Posted by 糸   2018年10月13日 09:48
おはようほざいます。
仕事一週間お休みいいですね!!でも私は社会復帰できるか自信ありません・・笑
自分のことを理解してくれる人、自分で自分のこと一番わかるはずだし、理解できるはずなんですよね。私は自分のことなのにまだ混乱することも多いです。自分のことすらわからないんだから他人にはもっとわからないって思います。
3. Posted by 苺   2018年10月13日 11:11
成る程…(>_<)今の私は多分、自分が自分の良き理解者にならないと自分が辛いだろうなって思います。ただ時折、それに疲れて自分を放り投げてしまうんです。自分が自分の理解者になってあげる事も、辛くなって、どうしようもなくなる時があって…
矛盾した内容でごめんなさい。まだ上手く自分の味方、理解者になって、自分を認めてあげる事が難しいです。徐々に出来るようになれれば良いのですが…。

セルフチェックシート、どんな項目を作っていたのか気になります。
4. Posted by 苺   2018年10月13日 11:22
自分が自分の理解者になってあげることや
辛くなってしまうことや
どうしようもなくなるときがあること・・
それって自分がまず自分のことを知れていないからではないでしょうか?
自分で自分のことがわからないから、自分の対処方法がわからないのでは?
私にはそう感じました。
セルフチェックシート、今日の夜、記事にします。
私はこの後仕事‥行ってきます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チームの輪を乱している。身体は自分で休める。人が代わってくれるものではない。