文字を綴ることも大事だけど言葉に伝えることもふるさと祭り東京2019

2019年01月17日

これから高機能発達障害者がきてもっと働きにくくなるよ

障害者雇用の在り方、今後のキャリア含め、色々なことを考えている。

「障害者として、あなたを雇用者として登録をしているだけで、
障害者雇用という仕事ではないので平等に扱っている。
障害者として専用の仕事をしているわけじゃないんだから、
障害者雇用ではない。」

「ジョブコーチが会社に関わることは一切ない。」

もっともっと支えてくれる柱が欲しいのに・・
一人で頑張ろうって思う自分がまた悲しい・・
障害者雇用としての配慮ってどんなこと・・・?



友人に、SEをやっている人がいる。
もう10年来の付き合いで、医療系のSEのため、
私のメンタルのことも少しは知っている。
まずはその友人に、PCを選んでもらうことにした。
相手は、私に見返りを求めない。
純粋に私のことを応援し、話を聞いてくれたり、
急に連絡がきて、何かと思えば、パソコン選んでという無茶なオーダーも答える。
有り難いことだなぁ・・・。


パソコンを選んでもらった後、
会社の話をサイゼで報告してきた。

今後のキャリアの為にパソコンを少し勉強したいということ、
どこまでが障害者雇用として働きかければいいかわからなくなること。
シフト制のところへ異動すれば、シフトの考慮がいらなくなり、いいのでは?と思うこと。
今の仕事は好きだけど24時間のシフトでは限界があるということ、
限界というか、一生懸命、薬を医者が調節してくれていて、
自分が自分をこのシフト制では大切にできていないのでは?と思うということ。。




相手は、


「それでも、国からのお金に頼る人もいる中、
ちゃんと働いていて、パソコン買おうとクレジットカードもちゃんと一括できれる。
それって凄いことだよ。」

と言った。

私はそれに対し、
生活保護の人もたくさんいるかもしれない。
でも私は今、社会にでて働いているんだから
社会にどう対応していくか考えてしまうんだよ。
何が我儘で何なら配慮となるのか考えているんだよ。
と反論ではないけど、、
働けているから凄いという問題ではないという持論をした。


それでも
今、こんなにも発達障害という言葉が主流になる中、
これからは「発達障害」と障害者雇用を求める人が
とても増えてくるのではないか?
発達障害の人、凄く得意なところがあるから、
それを仕事にすればかなりの戦力。
あれを配慮してほしいとか言っていると干されるよ。と友人。


それを聞いてそうだよね・・・と思った。

私はWEISでも、特に得意なところがなく、
得意なところと苦手なところの差がないから、
ADHDとかアスペルガーとかではないと医者から説明を受けている。

その時も、得意分野がはっきりしているなんていいなぁーと思った記憶がある。
今回も、人に勝るような得意な能力がない・・と思っている。

得意分野がないばかりに
何もかも中途半端にできないと思っている。
でも何もかも努力すればできるとも思っている。

私はWEISも境界域知能であり、
ボーダーとか精神疾患も抱えている。
にわとりが先かたまごが先か・・という問題だけど、
働ける限り、いい環境にチャレンジしたいということ、
やりたいことをやりたいということ諦めたくない。

IMG_8896



ミラノドリアを食べながらそんな語り合い。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)自己啓発 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
文字を綴ることも大事だけど言葉に伝えることもふるさと祭り東京2019