これがこの病院の実力だ返信がくると思って待つ忍耐力。責め立てない

2018年11月20日

何もない日常が一番の幸せ

何もない日常がこんなに幸せなことなのか・・と思っている。
6月末愛犬の肺の腫瘍、祖母の入院、
生きた心地のしないような日々を過ごしていた。

時には、私、厄除けでもしたほうがいいかな・・・と悩んでいた。
何で今年はこんなに色々あるんだろうかと悩んでいた。
仕事でも、上司の退職とか、環境の変化が大きくて。


そんな時に家族が、
「それでも、本当に悲しい結果にはならない。
逆に、祖母も末期の癌ではない、
厳しいのは本当だけど、炎症だし、治るかもしれないと思っている」

・・・・・・・なんてポシティブ。

私は、
犬も祖母も大好きで、
具合が悪い時には仕事を辞めようと本気で思っていた。
でも、すぐに辞めますと言える立場でもなく、
あぁー元気かな。。大丈夫かな・・・と思いながら仕事をするのは本当に辛い。
正直、こんなことしている場合ではないと思いながら、仕事していることもあった。

今まで、変化のない日常に焦りがあった。
年末になるたびに、
あぁこんな1年で成長したのかな・・
誕生日になるたびに
あぁ何もできないまま年をとる・・
あぁそれでいいのかな・・いや、よくないんだよ・・

そう思っていた。


家族が元気なことは変わらなかった
ゆっくりゆっくり老いを感じさせることなく老いていた。
今はこれほど幸せなことはないと思う。

いつかは別れがくる。

なんでこんなことばかり起こるんだろう、今年は‥と悲しんでいると、
でも、順番は理にかなっているでしょう。
必然のことでしょ。と友人が言っていた。

どうか長くこの幸せが続いてほしい

IMG_8623

ごはんもセーブしていたけど、
これからも長い闘病は続くのでしっかり食べないとね。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)家族との関係 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
これがこの病院の実力だ返信がくると思って待つ忍耐力。責め立てない