仲間の次のスタートをこれがこの病院の実力だ

2018年11月18日

ごはんの介助つけられないのかな・・

祖母の入院は続いています。
今まで祖母が入院したことなんてあまりなかったので、不安で仕方ありません。

心臓がいつ止まるかわからない・・・と言われたものの、
しっかり今を生きている祖母に力をもらっています。

そんな祖母、ご飯を食べることはでき、お腹も空くそうなんですが、
起き上がることが大変。
でも起き上がらないと、誤嚥性肺炎が怖くて。。。
でも、今度は体を起こしたところで、
背中を動かせないので、
お皿から口まで運べない・・・。

結局は時間が過ぎてしまい、
ご飯を下げる時間になり、あまり食べれません。

面会は14時から20時。
夕飯は家族誰かが付き添い、お皿をもっています。
(スプーンで持って、食べるのは一人でやりたいみたい。)

祖母も、もう少し食べたいです‥とか言えばいいのに、
下げにくると、食べたいとかは言えない。(体も辛くてもういいやとなってしまう)

祖母自身も、
介助をつけられないか?と聞いたみたいですが、
手が動く人は、そのような介助の認定は外れるみたいなんです。


私は、食べることは一番の栄養だと祖母から教わりました。
祖母もそれはわかっていて、
ごはんはしっかり食べなきゃいけないとわかっています。

だからこそ、食べたいのに食べれない今の状況可哀想だな・・と思っているし、
弱らないかとても心配です。

そういうヘルパーがいる病院もあるのでしょうが、
総合病院ではないみたいなんですよね・・。

今はまだ急性期の痛み。少しでも痛みがとれれば変わるでしょうか・・

IMG_9504


お花を持っていったら、
なんと花粉とかもあり、病院に持ち込み禁止とのこと。
結局持ち帰ることに・・。
何も知らずごめんなさい。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)家族との関係 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仲間の次のスタートをこれがこの病院の実力だ