六本木ミッドタウン・けやき坂イルミネーション見捨てられ不安の解消ができた私なりの気持ちの変換

2018年12月09日

尿道カテーテルがとれた‼でも・・排尿障害?

祖母の具合ですが、少しずつよくなってきたように感じます。

入院して一か月。
化膿性という言葉は炎症さえ収まれば・・と思うけれど、
心不全という言葉は恐怖に感じる。
入院時に母が聞いた「いつ心臓が止まってもおかしくない」
「二か月の長期戦で、 年内厳しいかも」

不安で仕方なかった。
仕事中も携帯持っていたし、
それでも祖母に会うたびに、あぁまだ会話ができる・・・と安心する日々。

ある日、輸液がとれ、
点滴が1日1回の抗菌剤のみに。

そして、酸素もとれた。

あれ・・・よくなっているんじゃない?と。

そう思っていると、先生がやってきて、

「まだ炎症の数値が高いので、
予定よりも長引くかもしれません。」

と言われたりして、
あーそのうちに、副作用がどっときたらどうしよう・・と落ち込む。

病室を出たら涙があふれて、
涙目で帰ることもあったし、
多分、主治医に会うまでは、主治医の横を涙目で通っていたと思う。笑

祖母の主治医に会った時、
心の中で、あーこの方何度もすれ違っている・・と思った。




そんな一進一退を見てきた私、
なんと私がいけない日に、尿道カテーテルがとれたって連絡が。


昨日、祖母のお見舞いに行ったら、
本当に尿道カテーテルがないーーーーーー‼


とはいえ、祖母はナースコールを呼ぶことが
一か月ないくらいなので、
トイレに行きたいときに呼べない・・
そして、いまいち、トイレに行きたいっていう感覚がないみたい・・。


14時過ぎに病院着いた時、
朝9時から一度もおしっこでていないです・・と看護師。
超音波で見てもらったら300ミリ(一回分)溜まっていると。

でも、本人曰く、トイレに行きたいと思わないそうです。

そう思うと、
トイレに行く!今は我慢!
そんなことをしてくれる脳の伝達、凄いことだなぁ・・・・・・・




そして、急にそろそろトイレ行ってみようかな?という祖母。
車いすに座れるのか?と思ったら、
ちゃんとつかまっているけど、二本足で立てるーーーーーーーーーーーーー‼


ちゃんと深く座ってくれたので、
トイレに向かったら、看護師が走ってきて

「コルセットしてください!!!!」・・と。
すいません・・コルセットの重要性が動くようになるとわかりますね・・


そのまま、トイレに連れて行ってくれました。
しかし、排尿するという力が弱いよう。

なかなかだすことができない。



その話を、家族にしたところ、
「入院時、外来で診察待っている間も、
トイレ連れて行っても、でなかった・・」とのこと。


おしっこをだすというのも筋肉だし、
弱っているのかな・・・・

まだカテーテルがとれて3日目。
これから、トイレ行きたい感覚が戻ったり、
排尿できればいいのですが・・

そうしたら、忙しくなるぞーーと
嬉しくなりました。

IMG_9670


お正月も迎えられるかな。。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)家族との関係 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
六本木ミッドタウン・けやき坂イルミネーション見捨てられ不安の解消ができた私なりの気持ちの変換