現場と人事ではずれが生じるよねこれから高機能発達障害者がきてもっと働きにくくなるよ

2019年01月16日

文字を綴ることも大事だけど言葉に伝えることも

今まで、私は言葉で伝えるということがとても苦手でした。
診察の場でも言いたいことを伝えられない、
伝えたけど、違うように解釈して、訂正できない・・・等。
仕事の場でも自分の意見を伝えるということが苦手。
「自分が言える立場ではない」とひいてしまう。
友人との間でも、何を考えているかわからない。そんな風に見られていたと思います。

診察の場では、ここ何年も
言いたいことをノートに綴り、伝えています。

でも本当に大切なのは「対話」なんだと昨年気づきました。
自分の言葉で話すことの難しさと、大切さ。
文章では伝わらない力がある。

迷ったら人に聞くこと・・
自分の意見だけをぶあーと先に綴らないで、
一言一言対話しながら話すこと。

それが今の私には人よりも足りていないことだと
前の上司に言われました。

今の上司が顔色で仕事していてもなんでも
あなたがコミュニケーションを日頃からちゃんととっていれば
あなたはちゃんと言えるでしょう?と。

確かに今の上司とは会話が足りていない・・。

そんなことに気づいた昨年、
少しずつ、診察の場でも、日ごろもノートに綴ることよりも
話してみる!ということが増えた気がします。


その必要性がわかったんです。


昨年の12月、
遅番の時にミスが発覚し、
先輩が、「おーーい。これお前(私)でしょう?」と。
案件に目を通すも、特に覚えがない・・


「え・・違います。」
「嘘つくんじゃねーよ!」
「嘘じゃないですよ!!!」



結局、遅番でも早番でもなくその日の夜勤のミス。
夜勤が、とあることをしないで帰ってしまったんです。
まぁすぐに解決したのでいいんですけど・・

次の日、先輩のところへいき

「先輩!昨日のあれ、私じゃなくて夜勤でしたよ。」
「あ、昨日知ったよ。」
「じゃあ、なんで私のせいにするんですか!!
確かに私もミス多いかもしれないけれど、
何でもかんでも私のミスだと決めつけられたら傷つきます!」

そう私は伝えました。
先輩も、「そんなのお前がちゃんとできるくらい知っているわ!」
と言い返してくれましたが。


これがもし、私が、
まったく!人のせいにして失礼しちゃう!!
私じゃないのに・・・・・・・・・とイライラして終わることもできたでしょうが、
私は敢えてイライラしたのもあり、
相手に伝えました。

イライラとかモヤモヤとか人に伝染させることは
今まで躊躇していましたが、
伝えることで伝わることもある。

自分だけが抱え込まないでいいんだと思いました。


IMG_9798

このノート、1年も使っているの。
だんだんと人に伝えるということが多くなっていったんだなぁ・・。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)自己啓発 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
現場と人事ではずれが生じるよねこれから高機能発達障害者がきてもっと働きにくくなるよ