やりたいことを信じた結果歯医者の出会いと別れの必然性

2019年05月20日

障害者雇用の促進といいつつAIに仕事がとられていく*NHKクローズアップ現代 AI時代の仕事

先日、NHKのクローズアップ現代で
AI時代の仕事をテーマにやっているのをみて、
30分の番組でしたが足りないほど内容が濃く、見入ってしまいました。
見た方いらっしゃいますか??



10年後の2030年、
今の仕事の半分以上はAIの発達で自動化されると言われています。


90%、AIになるのは
レジ、タクシー(バス)ドライバー、銀行窓口、事務、警備員、
行政書士、税理士等・・

一方で置き換えられないのは
画家、小説家、美容師、アナウンサー、心理士、精神科医等
精神科医はAIに置き換えられる可能性0.1%といっていました。


私の仕事は、きっとどんどんAIの発達で、
機械に任せていくことになると思います。

現に私の仕事を機械でやっているところもあります。
以前、都内で、私の仕事を機械でやっているーーー!と自分自身でみたことがありました。
でも、その会社では、機械か人か選べる。
慣れてないのか、人を選んでいるのかわからないけれど、
人の方に集まっていました。


駅でも、人がレジするコンビニと自動レジ選べるコンビニがありますよね。
私は慣れていないから人のところに並びますが、
自分でピッてやってICカードで支払い、そっちの方が早いと思います。。。
(並びながらまじまじと観察します。笑)


私はこのテレビを見ながら、
障害者雇用の拡大、促進というけれど、
人の仕事をAIがやってしまったら、ますます仕事がなくなる!
健常者すら10年後仕事がとられていくのに正反対だな・・と思っていました。


その一方、テレビでは

「人間にできることはどんどんAIが出来るようになってきている。
でもそこで仕事が奪われると思うのではなく
人間にしか出来ないことをもっと見つけて頑張ろうと思う。」

そう答えていた人がいました。



それは本当にその通りですね。
人間にしかできない、温かさとか心の面で仕事を見つけていくしかないですね。

AIにはできることとできないことがしっかりしています。
その分野できちんと考えられれば、新しい職業も見つかりそうですよね。

番組では、これからの世界では


 ・創造力・・・クリエイティビティ
 ・接客力・・・ホスピタリティ
 ・経営管理能力・・マネジメント

この3つは人間にしかできないと言っていました。

創造力はアイディアを現実的にしたいという力。
お客様が喜ぶような新しいことを提案するということ。

・・それはなんだか常に向上心と夢があればできるような気がします。
現実につぶされそうになるけれど、こうしたいっていう気持ちは大事。


マネジメントと聞くと私はなんだか残業管理とか金銭のことばかり頭がいきますが
人のマネジメントが大事なようです。
少し元気ないなぁ・・と思った時に相手に声をかけたり、
一人一人の個性を伸ばし、得意分野を把握することは人間しかできない。と。
要するに人の顔色が読めるのは人間だけ。とも言い換えられるのかな?(これは私の推測です)




接客力は今私がまさにやっている仕事。
業務は機械になってしまっても、心のこもったホスピタリティは人間ならではでしょう。


「誰にとってもしんどい時代なる。
しんどさはむしろチャンスとも言える。
定型的な仕事をしてきた人は、機械に変わられるのは大変かもしれないけど、
逆に定型的な仕事から解放されて、
自分の潜在的な能力を開花させるチャンスだととらえてほしい。」


その言葉を聞いて、
業務ではできないことはたくさんある。
もっと要領よくできればいいのに・・もっとスピードあがればいいのに等悩む。
でも業務はどんどんAIに橋渡しするかもしれない。



もっともっとたくさんの人と出会って、
もっともっと人からたくさんのありがとうを言える人間になろう。
ありがとうと言ってもらえるような仕事をしよう。
対チームもできたらいいけれど、
お客様相手の仕事だから対お客様にたくさんありがとうと言われるようになりたい。

どうしたらもっと喜んでもらえるか?
どうしたらもっとお客様の一つ先のニーズを察知できるか、
そんな感性をもっともっと磨いていこう。

その力はこれからきっと必要になるはず・・・!



私はボーダーに多いと言われている芸術的なセンスは全くない。
けれど、人の顔色を見ながら生きてきて、
とても人の顔色を自然にうかがえる。
それは今までは、人の顔色ばかり気にして・・とマイナスな性格だと思っていたけれど、
正しく顔色を見ることができれば
一気に得意分野になると思う。


IMG_9197


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)障害者雇用 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
やりたいことを信じた結果歯医者の出会いと別れの必然性