通院記録*「薬の管理大丈夫かな」「病院への相談」2つが通院間隔の決め手できることをやっていくか、やりたいことにチャレンジするか

2019年05月17日

苦手なことをやろうとするから障害という表現になってしまう

よく障害は個性かどうか?と議論になりますよね。
私の中では自分のいいところ(個性)だと思えるような感覚をもちたいと思います。
苦手なこと、できないことに目がいくから、
障害という言葉がさらに追い打ちをかけて、自分が落ち込む要素となる気がします。


できることなら、
苦手なことばかりに目をいくのではなく、
得意分野をことで仕事ができたり、
自分はこれが得意なんだ!と思うことを知ることができたら、
それは個性だとして、自分でも認められると感じます。


それは自分で、これは得意。これは個性だと思える。
こんな自分でも愛せる。

そう思うのも大事でしょう。


ですが、自己肯定が低いと
どんなことも苦手だと感じ、どんなことも人より劣っていると思います。
好きなことが得意なんだよって言われても好きなことがわかりませんよね。

他の人からみたら、
あの子こんなところが凄くいいのに・・・・
これはあいつしかできない!と思うことあるでしょう。
それをしっかり伝えてあげることは
家族、身近な人ができることだと思います。
一度伝えても、「無理無理」と否定することでしょう。
何度でも伝えることが大事だと思います!







私は境界知能。
何ができる何ができないと大きく格差があるわけではないけれど、
それでも自閉症の方であったり、他の発達障害の方が
得意分野で輝いたり、
そんな本を読んだり、知ると、羨ましいなぁ・・と思っています。
ないものねだりという言葉そのままです。


得意なことと不得意なことに開きはない、
どれも人よりはできなくて時間がかかる。
でもどの分野も努力次第でまぁまぁどうにかなる・・と信じています。
それでも苦手なこととというのはどうしてもあるものですが・・・
でも絶対にできない!!!!!というものはありません。


様々なことにチャレンジし、
得意なこと、個性を見つけていきたいと思っています。


IMG_9297


今のヘッダーのもとはこれです。
狙って撮ってみた!

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 







sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)自己啓発 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
通院記録*「薬の管理大丈夫かな」「病院への相談」2つが通院間隔の決め手できることをやっていくか、やりたいことにチャレンジするか