言葉による仕事の意欲低下と部署全体の生産性低下に気づいて④障害者職業能力開発校の在職者訓練

2019年06月16日

言葉による仕事の意欲低下と部署全体の生産性低下に気づいて⑤

悪口と言っている、悪口のつもりじゃないとか、
また別の人との関係もズレそうだったので、私はもう相手に聞くのを止めました。
私も、
これは相談なんです。と前置きがないのも十分に悪かったと思うし、
人の意見を聞くということが今までなかったので、
意見を求めるということがまだまだ足りないので、これからも経験を積みます。

相手は、私の話をそうかーと聞いてくれたあと、
最近、そういう言葉遣い多いなーと思って、
上司に直接、「何かあったんですか?糸も気にしていますよ」と言ってただけなんです。

それを悪口かどうか捉えるのはその人の感性ですね。



私はそれでもチームを変えたいと思うのには変わりはありませんでした。
もちろん何度も転職しようかなーと考えました。
相談する時に、
別の先輩から「転職したら?仕事が嫌いなわけではないんだから、同じ仕事できるよ。」とも言われました。

それにはごもっとも。
私は仕事が嫌いなわけではないからよかったと思いました。



でも・・・たくさん大好きな先輩方がいるから
ここまで頑張ってこれたのに、、
たった一人の上司で退職なんて悔しい・・
私の感性が悪いのか
色んな人がいるから色んな人が気持ちよく仕事できる環境が一番だと思うのに。



私はどうすればいいか?を模索している間、
私のことも含め、色んな事が重なったのかもしれません。
上司は退職することになりました。
最後の最後まで、私はこの件は解決できませんでした。

IMG_9285

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 







sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)仕事 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
言葉による仕事の意欲低下と部署全体の生産性低下に気づいて④障害者職業能力開発校の在職者訓練