西新宿にある国産茶葉専門店タピオカmocha精神科通院の頻度

2019年08月01日

うつでも無理して働くということ

世の中の心が重たい・・という方、
毎日毎日お仕事本当にお疲れ様です。
仕事は休んでいるけれど、家事している方、介護している方、
子育てしている方、本当に尊敬します。


先日、

「あなたが無理をしているかどうかなんて知らないよ。
会社は無理して仕事に来いなんて言っていない。
あなたはこれからも無理をしてはいけない。」

と上司から言われました。

・・いやいや無理しますわ。
だって仕事休んだら、お客様に、チームに、迷惑かかるじゃない。


それにうつの時って、
会社に電話するのも億劫。
風邪じゃないのに、症状を説明するのも億劫。

休むってそんなに簡単にいかないんですよね。


しかも、どこの会社もそうなのかはわかりませんが、
私の会社は365日、24時間稼働しているので、
今日休んでも明日は?明後日は働けるの?というのが毎日続くんです。
OLさんみたいに土日は休んでゆっくりしてねというのではない。
なので、明日は働けるか?明日は会社に来れるかどうかというのを
専門的に判断してもらうために、
休むなら→病院行ってきてね。
医師の診断をもらってきてねというのが私の会社の暗黙のルールです。



また、無理をしている、無理していないというのは
自己判断なんですよね。
会社が言うように、

「いやいや、そんな無理しているかなんて知らないよ。
あなたが判断していることでしょう?」

と言われたら本当にその通りなんです。

辛い時に、私無理して仕事しています!!と言っても、
あぁそうなの・・・・・って感じですし、
無理して具合悪くて仕事にならないなら、
それも何で会社に来たの?となりますよね。


そもそも無理している、無理していないというのは
抽象的な言い方だし、
あなた無理しているね。もう少し無理できるんじゃないかな?なんて言えないんです。


だから、自分の中でも、
相手に、無理かどうかなんて図れないのだから、
働いている以上、
「自己管理」として、無理しているポイントを作っておくといいと思います。

私は無理しているポイントはかなり前から作ってあります。

例えば、

・夜が眠れなくなったきた

・急に希死念慮が襲ってくる

・涙がでてくる

・やる気が起きない

・・・等々。

私はそれを紙に書くなりして、
これくらいだったらダメ、これくらいだったら頑張れるというのを
用意しています。

もちろん、それがこの先も続くわけではありません。
生きている以上、人間は成長していくんです。
だから出来ないことができるようになっていきます。


無理してでも働くということは大変ですが、
うつでも無理して働くということはお金もらっている以上必要です。
でもそれでさらに調子を崩した時に、
会社のせいにはできないんです。
自分が無理、無理していないを判断しているのだから。

だから常に自分を管理という言葉は社会人には必要です。

IMG_4580




sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)障害者雇用 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
西新宿にある国産茶葉専門店タピオカmocha精神科通院の頻度