季節を感じ生きる証をみつけてトンネルに入る前に立ち止まる練習

2019年08月04日

一人では何もできない仕事だと伝えたい

8月ですね・・・
私の会社は8月は実習生の受け入れ時期。

学生たちが8月は自分の夏休みをつかい
実習にきてくれるんです。


もちろん実習生といえども、お客様の前にたったらプロ。
実習生というバッチはつけません。
立派な企業で働く一人としてお客様にサービスを提供します。
(目は離せませんが)



もちろん、学生なので、
思っている仕事と違ったなぁ・・・はOK!!!!

そこでやりたいことが違ったならまた探せばいい。


就職先として一致していても、
色んな部署があるから、
どんな部署があるのか?そこでどんなことをしているのか?
を教えてあげるのも私たちの仕事。

いつもは行かない部署にも積極的に顔をだして、
教えてあげています。

そういうのも何か自分の糧になるといいな。



そこで私が教えていきたいことは、
会社のシステムでもなく、パソコンでもなく、
お客様へのサービスは一人ではできないということ。


いかに自分が何もできず、
いかに人にお願いごとばかりして、
でも、それができるからお客様をHAPPYにできる、
そんな人との繋がりを教えることを
第一に大切にしています。


普段は当たり前のようなことでも
その人たちの力がなければお客様はHAPPYにはできないということ。


例えば、

私のビル、とても高くて、
クレーン車がないと、電球の交換ができないんです。
それはエンジニアに連絡して交換してもらいます。
「そこで、今は出来ない。」と断られてしまったら、
電球切ればかりで暗くなりますよね。

あと、わからないことも聞くときに、
相手が「そんなこと自分で調べてよ」と言ったら
お客様を待たせてしまい、
お客様を怒らせてしまいますよね。
どんな質問もわからない時に手を差し伸ばしてくれる人がいるから
お客様にスムーズに案内できる。


もちろん、私の部署も。
お客様も全部ご案内することは不可能。
だからこそそれぞれがご案内したことを
ちゃんと共有できるような工夫ができている。

そういうのは全部チームワーク。

私は「チームワーク」という言葉が
数年前までとても苦手でした。


どの本にも、
障害者は自分でもくもくとできる仕事がいいと書いてありますよね。
そのたびに何でこんな正反対な仕事を選んでいるのか・・と思っています。


正直辞めたいと思うようなときは
この人間関係。チームワークの苦手さ。


それでも、このチームワークを意識しなければ、
絶対にお客様をHAPPYにはできない。
そのHAPPYがゴールになると、
チームワークができないとか、
人と関わるのが向いていないとか、
そんなことはどうでもよくなるんです。

私の仕事はお客様と関わりをもつことが多い。
学生にも裏でのチームワークを私なりに教えていきたい。


当たり前にチームワークという言葉を使って連携はささっとできない。
でもやらないとお客様に迷惑がかかる・・という
私が、私だから教えられることがあると
毎年思っている。

IMG_4578





sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)仕事 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
季節を感じ生きる証をみつけてトンネルに入る前に立ち止まる練習