誰にでもある人間の成長点相手への感謝、いいことをどんどん見つけよう

2019年08月09日

境界知能という低知能はグレーで悩ませる

私は、精神科通院や障害者雇用、薬の服薬を人にはあまり言っていません。
うーん。片手にも余るくらいかな。
15年くらい通院しているのに。

そんな自分が嫌だったりもするけれど、
私はずっと一人で抱えてきて、
私なりにどうにか前を向いて、今の今までやってきました。

それは少し誇りでもあります。


・・・が、病院に行けなかったからといって死ぬわけではない。
気分の波が何もないわけではない。
急に死にたくなったり・・急に涙があふれてきたり、
そんなことはたくさんあるんです。

私はずっとボーダーはもうよくなった。ボーダーではなくなったと
医師から言われた時から、
ずっと病名が欲しかったです。

この生きにくいのは何の病気なの?
毎日辛いの・・・毎日しんどいの・・・・。
と思っていました。

先生はそんな私に、
精神医学はまだまだなんだよ。医者も目に見えないから
レントゲンに映るわけではないし、精神医学は手探りなんだ。
病気ではない、グレーの生きにくさもあるんだよ。と何度も話してくれました。





その話に何度も、絶望的になっていました。

障害者雇用って、やはり目に見えないから、
相手に自分のことをどう伝えていくかが大事ですよね。
でも私は、自分に制限もつけたくない、諦めたくない。
自分はこれができない=精神障害だからってことは言いきれないんです。

だから、本当にできないことがある人が
伝えやすのかなぁ‥と思うことがあるんです。



先生は





患者をみていて、
知能70以上80以下の境界域と呼ばれる人の支援が
一番難しいと思いました。

70未満だったら療育手帖がとれて、80以上は正常だといわれる部分で、
その間の境界域って
ちょっと能力が劣るところがあるから、
日常生活でも、仕事でも、困難があるんだけれど、
それを手伝う制度が何もないし、
診断書に境界知能です。と書いても、
受け取り側は何だろう?と伝わらないし、
どういう支援が必要か?と言われても
意外といろいろなことができてしまうので、
ほんのちょっとのところを支援してほしいというのが
医療者としても説明が難しいな・・と思いました。

一人一人違うというのも、先方に伝わりにくいと感じました。

ドラマにあるような凹凸があるわけではないので余計に説明が難しい。
どれもできないけれど、
どれも全くできるわけじゃない。


医者としての支援は
何らかの病名をみつけて、障害者手帳をとって、
うまく利用してみてね。
というところで終わっているところが課題かな。。。。。






以前、そう言ってくれました。

境界知能・・発達障害・・・凹凸・・・・・・
仕事していく上でやりやすいのは・・・・?

皆様はどう思いますか。


IMG_4569



sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)通院記録 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
誰にでもある人間の成長点相手への感謝、いいことをどんどん見つけよう