未成年の自殺者必要なのはモチベーションではなくきちんとしたマニュアルなのかもしれない

2019年08月13日

突然ですが、毎日の更新をストップします。

2015年6月から毎日書き続けていたブログ


一旦、毎日の更新を止めます。


突然の発表で申し訳ございません。
閉鎖はしません!削除もしません!このブログは大切な私の居場所ですし、
まだまだ書きたいこともあるので、不定期になりますが更新します。



昨日、ブログにも綴りましたが、
私は未成年の自殺、若い子の自殺がとても苦しいです。
このブログも、
「私と同じように苦しい子に向けて、
一緒に頑張ろう。1人じゃないよと伝えていきたい。」
その思いは5年経った今も変わりません。



しかしながら、それは受け身な発信です。
ブログにアクセスをしてもらわないといけないといけない。



私はブログを書くことも好きですが、
受け身な姿勢だなと思ってしまったのです。


もっと自発的に何か行動できないのか?・・・できるはず!!と。



それには私はもっともっと外に目を向けないといけないし、
外の世界を知らないといけないし、
もっと、勉強もしていかないといけないのです。
仕事ももっと頑張らないといけない。



私自身、毎日ブログに綴るのではなく、
もっと外を知ろうと感じたのが、
毎日の更新をストップしようと思った理由です。





そして、


私、もっともっと毎日を幸せだと感じながら生きたいのです。



精神疾患も、障害も
自分の人生を悲観する要因となるかもしれません。
周りにも、もっと〇〇なら・・と亡くなった人います。



精神疾患なら無理するなとか生活保護でじっとしていれば?とか
特に境界性パーソナリティー障害って病院からでてくるな!!とも言われます。



パラリンピックが有名になる前は、
障害者がスポーツをすることさえ
他人への迷惑を考えてねと言われるし、お金の面でも自己負担が大きかったと思います。


もちろん、サポート側の負担も大変なのは理解しています。
自立をサポートするにしても、サポート側は常に危険と隣り合わせでしょう。
私の会社も、障害者雇用なんてやらなければよかったーと言っているでしょう。





ですが、

幸せになる権限は障害者だって一人一人あるはずなんです。
障害者だから諦めたり、長い人生したくありません。


私は、諦めない力というのは常にあります。
もちろん死にたくなる時も涙が止まらない時もあるけれど、
無理するなよと言われたり
医療者から、正社員で、皆と同じ給料もらっていて、
何をもっと頑張るのか?と言われることもあります。





幸せになりたい=向上心



だと私は今、思っているんです。
それは、誰でも持っていてもいいんだと。


健常者よりも遠回りにしかできない、
失敗ばかりかもしれない、
けれど悲観することはしたくないです。

今まで頑張ってきた過去の自分がいるから・・・。




そして、この向上心は選択、行動をすることができるんです。


数々の試練を乗り越えて、
生きれてラッキーだね。
仕事できて、回復して、信頼できる人がいて、
いい主治医がいて、ラッキーだねと言われます。



でも仕事をするのも、通院するのも、主治医を信頼するのも、
自分が選択していることも多いんです。
人生は行動をしないと始まりません。

ラッキーなわけではない、
私は行動したかどうかなんだと。


是非、人生を悩んでいる子がこのブログを読んでいたら、
行動する勇気をもってください。

学校に行かない。
SNSをみない。

小さな勇気と行動は世界を変えてくれます。



これからの人生も私は前途多難でしょう。
それでも、このブログで居場所はあるし、
皆と交流できる場にしていきたいと思っています。


長くなってしまいました。ごめんなさい!
ブログは止めません。
毎日ブログを更新しない分、
もう少し見やすくし、読みやすいようにもしたいと思っています!


これからも宜しくお願いします!


IMG_4575



sakurasaku1009 at 18:00│Comments(0)生きる 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
未成年の自殺者必要なのはモチベーションではなくきちんとしたマニュアルなのかもしれない