自己啓発

2019年05月04日

どんな選択も自分で決めれば間違いではない。

10連休が終わろうとしていますね。
仕事、学校が10日間休みだった方は、憂鬱な人も多いと思います。

テレビやYahoo!では学校に行きたくなければ無理しなくていいと連日言われていますね。
学校や会社に行くのがGW前から嫌だった人は、
またあの地獄へ行くのか・・・と思うだけで息が詰まりますね。

行きたくなければ行かなくてもいいと言ってもらえても、
学校に行けない自分、会社に行けない自分なんて・・と責めますね。

でもそれって自分の身体、心がだしているSOSのはず・・・!

自分の身体を大事にしてほしい。
それは家族だって皆そうだと思います。

今は学校の他にも学べる選択肢は増えて、
昔よりも親は子どもを休ませてあげやすくなったと思います。
連日GW明けは自殺に注意して。無理させないで。休んでもいい。
そんなキャッチフレーズが飛び交っていますね・・
そんな親御さんがいるだけで羨ましい私ですが。



そして、それ以上に大事だと感じるのは、
行かない!行く!と決めるのは自分だということ。

行くのも行かないのもどちらでも間違いではないのです。
行ったら意外と今日は大丈夫だったという経験もあります。

誰かが代わりに学校に行ってくれるわけでも、仕事してくれるわけでもない。
行かなくてもいいよと言われて、休めたとしても、
あぁ・・・休んでしまったと自分を責めるのも
ゆっくり休むのも自分の気持ちの持ち方次第。

今日は行かない!今日は休む!
まずは自分でその気持ちを決めることが大事な一歩だと思います。

そして、親御さんは子どもが決めたことを受け止めること。
それが成長に必要だと思います。
「今日なんて新学期始まってすぐでそんなに授業ないじゃない・・・・・」
そう思ったとしてもそれは大人の考え方でしかない。



自己肯定感が低い人は、
自分で決めるということがそもそも苦手です。
学校に行かないのも会社に行かないのも自分で決めるのが大事と言われても、
行かないといけない場所と思い込んでいたら先に進みません。
今日行ったらプラスになること、
休んだらプラスになることを書きだしてみるといいと思います。




私は連休はありませんでしたが、
10連休後の仕事だったら行けないと思います・・・・・。

でもそれでも休みたい衝動は来ます。
よく行ったらプラスになること(お客様に迷惑かけない、給与がもらえる)
休んだらプラスになること(身体をゆっくり休められる)等々書き出して考えています。

IMG_2896


どんな選択も自分で決めれば間違いではない。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 





sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(2)

2019年04月21日

味もサービスで決まるはず

帰り道、行きたかったラーメン屋さんがいつもながら混んでいて、
そこそこ人はいるけれど、すぐ入れるラーメン屋さんに入りました。

席もスムーズに案内してくれたし、すぐにあつあつのラーメンがでてきたけれど。

店員さんが5人いて皆、外国籍。
それはいいんだけれど、皆、目の前のことが終わると携帯をいじる。



お水をだしては、携帯。
ラーメンだしては、携帯。
その携帯触った手でチャーシュー触る・・
(厨房まで携帯)


その携帯も仕事のような業務メールならまだしも、
インスタ、YouTubeで、全く関係ないものを
テーブルに置いて普通に見ています。


外国ならそれで許されるかもしれないけれど、
ここ日本ですから・・

とはいえ、日本も外国籍の子たちの給与を安くして雇っている。
それがこのラーメン屋の子たちだとしたら、
当然モチベーションもあがらないだろうし、
やっていることやっているんだから自由じゃん。って言われても仕方ない安時給なんだろう。


美味しくない・・
そう思いながらも食べたラーメン。
帰りに、失敗したな・・と食べログ見たら意外と高評価だった。


ラーメンではなく人の問題なのか・・


IMG_9129



メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月25日

ポシティブマップ

携帯でこんなものを見つけました。

m2177-1


簡単にできるものから、難しいものまで。
効果があるものから低いものまで。

お手軽で、効果が高いものには

「美味しいものを食べる」

「しっかり眠る」

うん。当たっている。

お手軽になっている

「SNSをみない」

これはちょっと難しいなー

周りのことを気になる(だからSNSで落ち込むんだけど)


効果が高いのには

「ランニング」

「前向きな言葉を口にする」

うん。大事なことですね。


ポシティブだからいいわけでもない。
だけど、なるべくなら毎日笑って生きれるような
そんな生活をしたいかな。と思う。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 












sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月17日

これから高機能発達障害者がきてもっと働きにくくなるよ

障害者雇用の在り方、今後のキャリア含め、色々なことを考えている。

「障害者として、あなたを雇用者として登録をしているだけで、
障害者雇用という仕事ではないので平等に扱っている。
障害者として専用の仕事をしているわけじゃないんだから、
障害者雇用ではない。」

「ジョブコーチが会社に関わることは一切ない。」

もっともっと支えてくれる柱が欲しいのに・・
一人で頑張ろうって思う自分がまた悲しい・・
障害者雇用としての配慮ってどんなこと・・・?



友人に、SEをやっている人がいる。
もう10年来の付き合いで、医療系のSEのため、
私のメンタルのことも少しは知っている。
まずはその友人に、PCを選んでもらうことにした。
相手は、私に見返りを求めない。
純粋に私のことを応援し、話を聞いてくれたり、
急に連絡がきて、何かと思えば、パソコン選んでという無茶なオーダーも答える。
有り難いことだなぁ・・・。


パソコンを選んでもらった後、
会社の話をサイゼで報告してきた。

今後のキャリアの為にパソコンを少し勉強したいということ、
どこまでが障害者雇用として働きかければいいかわからなくなること。
シフト制のところへ異動すれば、シフトの考慮がいらなくなり、いいのでは?と思うこと。
今の仕事は好きだけど24時間のシフトでは限界があるということ、
限界というか、一生懸命、薬を医者が調節してくれていて、
自分が自分をこのシフト制では大切にできていないのでは?と思うということ。。




相手は、


「それでも、国からのお金に頼る人もいる中、
ちゃんと働いていて、パソコン買おうとクレジットカードもちゃんと一括できれる。
それって凄いことだよ。」

と言った。

私はそれに対し、
生活保護の人もたくさんいるかもしれない。
でも私は今、社会にでて働いているんだから
社会にどう対応していくか考えてしまうんだよ。
何が我儘で何なら配慮となるのか考えているんだよ。
と反論ではないけど、、
働けているから凄いという問題ではないという持論をした。


それでも
今、こんなにも発達障害という言葉が主流になる中、
これからは「発達障害」と障害者雇用を求める人が
とても増えてくるのではないか?
発達障害の人、凄く得意なところがあるから、
それを仕事にすればかなりの戦力。
あれを配慮してほしいとか言っていると干されるよ。と友人。


それを聞いてそうだよね・・・と思った。

私はWEISでも、特に得意なところがなく、
得意なところと苦手なところの差がないから、
ADHDとかアスペルガーとかではないと医者から説明を受けている。

その時も、得意分野がはっきりしているなんていいなぁーと思った記憶がある。
今回も、人に勝るような得意な能力がない・・と思っている。

得意分野がないばかりに
何もかも中途半端にできないと思っている。
でも何もかも努力すればできるとも思っている。

私はWEISも境界域知能であり、
ボーダーとか精神疾患も抱えている。
にわとりが先かたまごが先か・・という問題だけど、
働ける限り、いい環境にチャレンジしたいということ、
やりたいことをやりたいということ諦めたくない。

IMG_8896



ミラノドリアを食べながらそんな語り合い。

メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 



sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)

2019年01月16日

文字を綴ることも大事だけど言葉に伝えることも

今まで、私は言葉で伝えるということがとても苦手でした。
診察の場でも言いたいことを伝えられない、
伝えたけど、違うように解釈して、訂正できない・・・等。
仕事の場でも自分の意見を伝えるということが苦手。
「自分が言える立場ではない」とひいてしまう。
友人との間でも、何を考えているかわからない。そんな風に見られていたと思います。

診察の場では、ここ何年も
言いたいことをノートに綴り、伝えています。

でも本当に大切なのは「対話」なんだと昨年気づきました。
自分の言葉で話すことの難しさと、大切さ。
文章では伝わらない力がある。

迷ったら人に聞くこと・・
自分の意見だけをぶあーと先に綴らないで、
一言一言対話しながら話すこと。

それが今の私には人よりも足りていないことだと
前の上司に言われました。

今の上司が顔色で仕事していてもなんでも
あなたがコミュニケーションを日頃からちゃんととっていれば
あなたはちゃんと言えるでしょう?と。

確かに今の上司とは会話が足りていない・・。

そんなことに気づいた昨年、
少しずつ、診察の場でも、日ごろもノートに綴ることよりも
話してみる!ということが増えた気がします。


その必要性がわかったんです。


昨年の12月、
遅番の時にミスが発覚し、
先輩が、「おーーい。これお前(私)でしょう?」と。
案件に目を通すも、特に覚えがない・・


「え・・違います。」
「嘘つくんじゃねーよ!」
「嘘じゃないですよ!!!」



結局、遅番でも早番でもなくその日の夜勤のミス。
夜勤が、とあることをしないで帰ってしまったんです。
まぁすぐに解決したのでいいんですけど・・

次の日、先輩のところへいき

「先輩!昨日のあれ、私じゃなくて夜勤でしたよ。」
「あ、昨日知ったよ。」
「じゃあ、なんで私のせいにするんですか!!
確かに私もミス多いかもしれないけれど、
何でもかんでも私のミスだと決めつけられたら傷つきます!」

そう私は伝えました。
先輩も、「そんなのお前がちゃんとできるくらい知っているわ!」
と言い返してくれましたが。


これがもし、私が、
まったく!人のせいにして失礼しちゃう!!
私じゃないのに・・・・・・・・・とイライラして終わることもできたでしょうが、
私は敢えてイライラしたのもあり、
相手に伝えました。

イライラとかモヤモヤとか人に伝染させることは
今まで躊躇していましたが、
伝えることで伝わることもある。

自分だけが抱え込まないでいいんだと思いました。


IMG_9798

このノート、1年も使っているの。
だんだんと人に伝えるということが多くなっていったんだなぁ・・。


メッセージはこちら


ブログランキングに参加させていただいています♪



 

 




sakurasaku1009 at 18:00|PermalinkComments(0)